注目の投資商品!フィリピン不動産で収入を得よう!

人形と硬貨
  1. ホーム
  2. 経営サポートを受けるなら

経営サポートを受けるなら

マンション

話題の資格を知ろう

マンションが多くなっている日本では、マンション管理士と言う資格が誕生しています。この資格は2001年にできた資格ですが、マンション管理に関する専門的な知識を得ることができる資格です。このマンション管理士は何をしてくれるのかと言うと、管理組合と契約を結んだ上で管理に関わるさまざまなことをサポートしてくれます。アドバイスを受けることもできますし、議会に参加してもらい運営についての助言をもらうこともできます。マンション管理会社を利用している場合には、管理会社に支払っている費用が適切であるかなどをチェックしてくれます。コストとサービスが見合っていない場合には別の会社への変更をすることもできます。管理に関するプロであるからこそ、適切な指導ができるのです。

管理士を利用すれば

マンション管理士の資格を持っている人は、現時点ではそれほど多くはありません。ですがマンションはこれからも普及していく建物であり、マンション管理士も徐々に増えていくでしょう。早いうちに相談をしておくことで、マンション運営の方法が適切になり無駄な費用をかけることなく経営をしていくことができます。個人でマンション経営をしているオーナーはもちろん、分譲マンションの管理組合にも利用しやすいシステムです。マンション管理士は通信講座などでも取得が可能な資格のため、比較的勉強がしやすいと言えます。合格率は高いとは言えませんので、資格取得をしている人はマンションの管理については相当な専門知識を持っていると考えて良いでしょう。